Interview: Kyary Pamyu Pamyu

kyary-featured1

Kyary Pamyu Pamyu, the cherubic Japanese pop star behind some of the world’s most bizarre music videos, performed in New York for the first time this weekend. Read a review of that concert here, a sort of candy-high victory dance with her diehard fans. We met up to talk before the show while she was surrounded by a solid entourage of 20, including photographers and a film crew (as is presumably a common occurrence), as well as Yusuke Nakagawa, the head of famed Harajuku management group Asobi System. We conducted the interview in Japanese, translated it and presented it below in both languages. (日本語バージョンはページ下部にて!) Kyary spoke about going global, admiring Katy Perry, working with J-Pop mastermind Yasutaka Nakata and her crazy fans.

Since the tour started, you’ve been to 10 countries and 20 cities. How has it been going? At first, I was worried that people wouldn’t know me, or even if they did know me that only core Pamyu Pamyu fans would come. But surprisingly, most places sold out. In Europe, the energy was mechakuha [crazy] high, and when I played in LA and New York, people learned the dances and lyrics, even though it’s in Japanesssss!! I really felt like we were all connected. It was really fun!

Are the audiences different than in Japan? Yeah, totally different! Many Japanese people are really shy and they don’t dance and sing with me. But outside of Japan, even though people can’t understand what I’m saying, they always dance and sing, and that makes me really happy.

Do you make your music for a Japanese audience or for a global audience? At first, I didnt think about global markets at all. But even in Japanese, my lyrics don’t make any sense and have a kind of mystery, like on “Pon Pon Pon” and “Tsukema Tsukeru.” I can feel that what I’m doing in Japanese is catchy to global audiences anyway.

Has doing a world tour changed your goals for your music? It has! This tour is my first world tour, and I felt a lot of excitement from the audiences overseas. People really welcomed me everywhere, so now I want to be an artist who can play music more globally so I can come back again and again.

What is it like working with Yasutaka Nakata, your writer and producer? Actually, he told me that he really wants to see my show in New York. He came to New York just to see my show, so I’m pretty nervous and I will try my best for tonight. I hope he likes it. I have been a big fan of his music—like Perfume, Meg and Capsule—since before my debut, so now I just feel like my dreams have come true.

What is he like in the studio? Nakata-san writes my all songs and lyrics. When he is ready, he calls me and says, “Come to my studio to record some vocal parts.” In the studio, he gives me some new song that I’ve never heard, and I always have to memorize the lyrics in five or ten minutes and immediately start recording. It’s really, really hard!

How is your music related to the other bands that he produces? I think they are totally different. Perfume always sounds like innocent girls who fall in love with someone with pure heart, and Capsule is kinda diva. Mine has many strange words and mystery words, which is why I have a lot of really young fans, too. My fans are totally all ages.

Do you contribute ideas for the music? Nakata-san totally understands what I like, so he always says, “I tried to make those songs so you will like them,” and brings me some new songs for the album tracks. Most of my songs were born out of everyday conversations. It’s really instinctive. For example, “Tsukema Tsukeru” comes from when I put on false eyelashes and say “tsukema tsukeru” unconsciously. He said, “I got this phrase!” It’s something like that most of the time.

Your music videos often make scary things seem cute. Why? I love grotesque things. My concept is scary things that become traumatic with their cuteness. There are so many “just cute” things in the world, so I add grotesque, scary and even shocking materials like eyeballs and brains to balance out the cuteness.

What actually scares you? I’m not really scared of anything, like ghosts. I think real humans are more scary, like stalkers and crazy fans.

Do you want to work with American music producers? I want to go for the global music scene for sure, but I want to bring the world what I am doing right now. I believe my music doesn’t have a language barrier. People can sing my songs even though they aren’t Japanese, and the dances are easy to learn. If my songs were in English, they would be totally different! But in the future, I want to do collaborations with my favorite American artists.

Who are some of your musical inspirations? When I was a kid, I listened to Morning Musume [one of the biggest Japanese teen idol girl bands]. Since I was interested in fashion, I got inspired by Gwen Stefani, Katy Perry and Lady Gaga, because they have great music and fashion together.

Who gives you inspiration for your clothes? Lady Gaga and Katy Perry give me inspiration all the time, for clothes too. Gaga is more high fashion and Katy has more cute things, like macaroons and candies, so I feel we have kind of the same sense of fashion. I’m always inspired by her style, and I heard they love Harajuku stuff too.

How did you get the confidence to start dressing so boldly? We have Team Kyary, which has hair stylists, designers, stylists, make-up artists, etc. and me. We have worked together since my first music video, “Pon Pon Pon,” so it’s all about the team. Whenever I have some new ideas, we talk about them as a team. Everything comes from that kind of team process.

What advice do you have for people who feel timid about fashion? I don’t really understand why they are scared of trying new things. I think they should try everything once, and if it’s not really suited for them, then they should try something else. It’s not only about fashion: challenging yourself is the most important thing!


ワールドツアーを始められて、10カ国、20都市そして最後にシンガポールを残すのみとなりましたが、ここまでの感想と印象に残ったことを教えてください。 最初はワールドツアーが始まって、不安の方が大きくて、みんな私のこと知っているのかなとか知っていてもライブに来てくれる人がいるのかなとか色々思っていたんですけど、ヨーロッパもメチャクチャ盛り上がったしアジアもアジアでたくさんの人が来てくれ、LA、NYも日本以上に盛り上がるというか歌詞もダンスもおぼえていてくれて一体感があってたのしいライブでした。

やはりオーディエンスは違いますか? 全然違いますね。日本人の人はすごくシャイな人が多くて一緒にフリをやって下さいと言ってもやってくれない人が多いんですけど、海外の人は言葉が通じなくてもすごくちゃんとやってくれて盛り上げてくれます。

では、ツアーに出て一番恋しくなることはなんですか? このツアーで意外とホームシックになりやすいなということに気づきました。海外に一週間とか行ったことがなくてなによりも時差ボケがひどくてLAに行った時もすごく眠たくて眠気と闘っていました。

子供の時に聴いていた音楽と影響を受けたアーティストを教えてください。子供の時はモーニング娘。が好きでよく聴いていて、高校になってファッションに興味を持ち始めてからはグウ ェン・ステファニー、ケイティ・ペリーやレイディ・ガガのようにファッションと音楽を兼ね備えている人からインスピレーションを受けました。

ケイティ・ペリーさんもツイターできゃりーぱみゅぱみゅさんのファンであると公言されていましたが。 ツイートしていましたね!!すごくうれしかったです。

ファッションではどの方に影響を受けられましたか? ケイティ・ペリーとレイディガガですね。ガガは少しハイファッションなのですが、ケイティは、マカロンとかスイーツ系の衣装が多くて世界観が同じなのでいつもインスピレーションを受けています。原宿とかすごい好きみたいですね。

このような奇抜で大胆なアイディアはどこからきているんですか? チームきゃりーというのがいまして、私が中心となって、ヘアーメイクさん、デザイナーさん、衣装さんなどなどの人たちがポンポンポンのプロモーションビデオからずっと一緒にやっていただいているんです。私がこうしたいというアイディアを出すとチームで考えて作ってくれるという感じです。そういうチームプレーでそういうものが生まれてくるのだと思います。

ファッションに対して内気だったり、シャイな女の子達にどのようなアドバイスをおくりますか? 私にはできないという意味がわからなくて、一度着てみればいいと思うんです。着てみて似合うものだったら続ければいいし、似合わなかったまた他のにチャレンジすればいいし。ファッションだけじゃなくてチャレンジしてみるっていうのが大事だと思います。

音楽やPVを作る際には日本のファンを意識して作りますか?それともグローバルな人たちですか? 最初は海外のことはまったく考えていなかったです。けれど日本語でも「つけまつける」とか「ポンポンポン」って謎な歌詞じゃないですか?そうやって思えば、日本語でもキャッチーで海外の人もおぼえやすいんじゃないかなって思います。

このツアーを経て、ご自身の中の目標などに変化はありましたか? 今回、初の海外でのワンマンライブですごく盛り上がりましたし、とてもウェルカムな感じがして今後はもっと海外でも通用するようなアーティストになってもっと海外でのツアーを組みたいです。

ご自身もデビュー前からファンであったとされる中田ヤスタカさんと実際仕事をされてどうですか? 実は、中田さんが私のNYでのライブが見たいということで今回NYに来てくれているんです。だからとても緊張するし頑張らないと思いました。もともと、中田さんの楽曲がとても好きで夢が叶ったようでとてもうれしいです。

スタジオでのレコーディングの雰囲気などはどんな感じですか? 中田さんが私の曲の作詞作曲はされているんです。いつも「今からレコーディングあるから」って呼ばれていってその時に初めて歌詞と曲を聴かされるんです。それで5分、10分でおぼえてもうすぐにレコーディングって感じです。かなり難しいですね。

他の中田ヤスタカさんがプロデュースをされているPerfumeやCapsule” とはきゃりーぱみゅぱみゅさんの音楽やビデオの作りがかなり異なりますがどう思いますか? Perfumeは恋する乙女という感じですよね。Capsuleはイケイケって感じで。私のだけ謎な造語が多かったりまったく違いますよね。その分、ちいさいコのファンも多くてファンの年齢の幅が広いですね。

音楽のアイディアも出したりしますか? 中田さんも私がこういう感じが好きだなというのをわかってくれていて、こういうの作ってみたよーっていつもアルバムの曲とか聴かせてくれるんです。結構いつも二人の会話の中から歌詞が生まれるのが多くて、例えば「つけまつける」とかは私がつけまつ毛をつけることをそう言っていたら、「それいいね」みたいな感じで。偶然言っていたことが歌詞になったり音楽になっていることが多くてすごく感覚的ですね。

:将来的にアメリカのプロデューサーとも仕事をしてみたいですか? 今後、海外でももっとやっていきたいのですけれど、英語で歌うというよりも今私がやっていることをそのまま海外に持っていきたいと思っているんです。私のやっていることって言葉なんか関係ないと思っていて、振り付けもおぼえやすいし、また英語にしちゃうと違う音楽になってしまうと思うんです。日本語のよさってやっぱりあると思うし。でも、好きなアーティストとのコラボレーションなんかは将来的にしてみたいですね。

ビデオなどによく出てくる本当は怖いものなんだけど可愛くみえてしまうというの意図的になさっているのでしょうか? もともとグロテスクなものがすごい好きで、コンセプトが”トラウマになる可愛さ”なんですよ。ただ可愛いだけのものって世の中に溢れかえっているじゃないですか?そこにキモち悪いものやショッキングなものを入れたいなと思ってこういう感じになりました。脳みそや目玉などをいれたりして、それで映像で可愛くしてバランスをとるやり方をしています。

では世の中できゃりーぱみゅぱみゅさんが怖いものってありますか? もともとあまり怖がりではないので。幽霊なども怖くありませんし。本当の人間のほうが怖いですね。ストーカーだったり、熱狂的なファンだったり。

最後にファンに一言お願いします。 これが最後じゃなくて2度、3度と来たいので応援よろしくお願いします。私のことを知らない人もユーチューブやitunesにもたくさん私の曲がありますので是非聴いてみてください。

POSTED April 16, 2013 4:22PM IN MUSIC INTERVIEWS Comments (6) TAGS: , , , , , ,

POPULAR

YOU MIGHT ALSO LIKE

COMMENTS

  1. Joe Shmoe says:

    What is considered a crazy fan???

  2. Jake Jarmel says:

    She has Stalkers???

  3. Art Vandelay says:

    I’m a crazy fan! Cray Cray!

  4. Nicolas B says:

    the MEG song you choose is not produced by Yasutaka Nakata ; this one is : http://www.youtube.com/watch?v=ZFNdWtmIZsI

  5. 思っていた事があります①成長が完全に止まってしまった大人の体と、これから成長が始まる子供の身体は明らかに